金の商品

金の商品についてもっと詳しく知っておこう

金買取りも可能な栞やトロフィー

金買取りというと、アクセサリーや金貨、インゴットなどの明らかに金やプラチナを使用していることがわかるものが多いように思われがちですが、実際には様々なものが買取り対象となっています。もともと、金買取りはブランド買取りなどとは異なり、持ち込まれた品物の形状や状態などは問題なく、含まれている金やプラチナの含有量が重要になっています。

持ち込まれた商品のほとんどはスクラップと呼ばれ、金やプラチナなどのレアメタルを抽出して、ほかの製品として再利用しています。したがって、デザインが古いものや破損していたり、一部紛失しているような品物でも、金やプラチナの含有量が高ければ高額の金買取りになる可能性が十分ありますし、形状は一切問われません。

代表的な品物以外に金買取りの対象となっているものとしては、栞やトロフィー、金杯などもありますし、中には入れ歯や金線などの工業製品を持ち込む人もいます。精製されていない砂金や緊迫などは価格を査定するのが困難であるため買取りを断られる場合もありますが、基本的にはどういった品物でも買い取ってもらえますし、見積もりや査定は無料ですので、金かどうかが不明な品物でも積極的に持ち込んでみるとよいでしょう。

栞の中には、金を使用したものもありますが、厚みや純度などによってはかなりの金額になる可能性が高いです。メッキの場合には買取り対象とはなりませんが、比較的手ごろな価格ということもあって、金買取りが可能な品物が見つかることも多いです。逆に、トロフィーは重量がありますのでメッキがほとんどですが、中には純度を下げたりサイズを小さくして、本物の金を使用しているものもあります。こちらは純度と重量で金の含有量を計算して、適切な金額で買い取っていますので、自分ではよくわからないときには実際の買取り金額を査定してもらうとよいでしょう。

金杯や金歯などは、刻印がないこともあって本物か偽物かわからないままに持ち込む人がいますが、金歯はアレルギー対策でほぼ本物とみて間違いありません。金杯は、メッキや他の金属がつかわれていることもありますが、金無垢の品物であればかなりの含有量になりますので、驚くほど高額になることもあります。出所のわからないものや譲り受けたものなど、不用品でできれば買取りに出したいという金色の品物があれば、真偽を見分けるためにまずは近くの買取り業者に査定してもらうことをお勧めします。

Leave a reply

Your email address will not be published.