金の商品

金の商品についてもっと詳しく知っておこう

金買取り対象のダイヤモンド付アクセサリー

金買取りにおいては、ほぼすべての品物が溶かして別の製品として再利用されている関係上、デザインや破損状態などには全く関係なく買い取り金額が決められています。金はもともと耐腐食性があり、経年劣化などもみられませんので古いものであろうと新しいものであろうと関係ありませんし、ブランド買取りなどのケースとは違って備品である必要もありません。そのため、片方しかないイヤリングやピアス、ピンの折れ曲がったブローチなど、アクセサリーとしての用をなさなくなったものでも金買取りの対象となっています。

金買取りで持ち込まれるのは主にアクセサリーですが、そのほかにも工業製品やインゴット、金貨、金杯、カトラリーなどの雑貨類も買取り対象となっており、形状に関係なく金の含有量で買い取り価格を決めています。ジュエリーの場合によく見られるのが、ダイヤモンドなどの宝石類をセッティングした金製品ですが、こちらは金買取り業者によって対応が異なります。

業者にとっては、基本的に地金部分のみが買い取り対象となりますので、親切なところであればセッティングされた宝石は取り外して返してくれます。また、ダイヤモンドなどの宝石類も買取りを行っている業者の場合には、持ち主が希望すれば、地金とは別にダイヤモンドも鑑定して買取り金額にプラスしてくれます。

金買取りでは、宝石類と貴金属は別々に加工業者に流通させますので、手数料の負担は業者によってまちまちです。また、そもそもの買取り金額も業者によって微妙に異なりますので、事前に一度見積もりを出しておいてもらい、複数の業者間で比較しておいたほうがよいでしょう。

同じ業者でも、相場の高い日に持ち込むことで元の見積もりよりも高い金額で買い取ってもらうことも可能ですので、普段から世界相場の動向をチェックしておくことも重要です。これらの手間を惜しまずにいることで、買取り金額もかなりの差になることがあります。近くに複数の店舗がないという場合には、宅配による見積もりサービスを行っている業者を利用するのもよいでしょう。

全サービス無料で行っているところを利用すると、専用のキットが届けられ、着払いで商品を送ることができますので、遠方からの見積もり依頼でも手数料がかかることがありません。また、出張可能なエリア内であれば、業者が保管場所まで出張料無料で直接訪問してきて、見積もりや買取りをしてくれるというケースもあります。

Leave a reply

Your email address will not be published.